禅とうな重

今日は「ほぼうな重弁当」

カネテツデリカフーズさんのほぼうなぎを使ってうな重作ってみました。
…と言ってもご飯にのせるだけなんですけどね。
一応錦糸卵と刻んだ青しそをご飯で挟んでみて、
ちょっとは手をかけた感を出してみましたよ。

そう、カネテツデリカフーズさんのほぼうなぎ
昨年は大反響だったらしく、発売12時間で完売だったそうです。
もちろん昨年のほぼうなぎも美味しかったけれど、
今年は身のほぐれがアップし、皮の再現性がなかなかです。
より”うなぎ感”を追求しとるんですよ。
添付の専用タレも前回よりも甘さが控えめで、グっと高級感がましたように思いましたよ。

素晴らしい!!

さて、それよりも何よりも
この○△□は何?って思いますよね。

まだ週末の京都の余韻をひきづっている私は
建仁寺の掛け軸をどうしても描きたくなりました。

○△□と言えば、ウマヘタの元祖「仙厓和尚の図」を思い出しますが、
双龍図を観た後の
建仁寺の美しい庭を望む一室に飾られたこの軸は
かなり目を引くものでした。

◯は、宇宙そのものを表し
△は、足を組んで座禅をするとき、どっしりと腰をすえている状態を表し
□は、とらわれた心を表しているそう。

ガッと力の入った文字はどこか緊張感が漂いますね。

禅の世界に入る門は存在せず、
己の心の中から一歩踏み出すことこそが唯一の入口だと
圧を感じる強めのメッセージとして受け止めました。

余談ですけど、
それとは別に先にも書いたように仙厓和尚の○△□図は
墨の色も薄く、力がかなり抜けてヒュルンとしています。
修行の果てのその先に見える世界をさらに表しているのでしょうかね?
(※○△□ 仙厓和尚でググってね)

そんなわけで私の修行は弁当作りですから、
枠にとらわれない禅の精神で
これからも頑張りたいと思います。

…って何言ってんだか

…完全にこじつけ。

今日の1曲 Tuxedo – Fux With The Tux

今日も元気に頑張りましょう!!

<明日ヘと続く>

お弁当の写真をよく見たい方はこちら☞

⬇︎広島ブログランキングに参加してます!!ポチっと押してくれたら私すごく喜びます!!

広島ブログ

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。